正しいタイヤを選んで事故を予防!

車両の走行性能に合致したタイヤについて

タイヤの修理を依頼する場合はどこがいいか

道を車で走っていて、違和感を覚えることがあります。
それは、タイヤの空気が抜けたりパンクして修理が必要な状態になったからです。
このままの状態で走り続けるのは危険ですし、思わぬハンドルミスの引き金になるため、気づいた時に応急措置をしましょう。
たいていの車にはスペアが積んであるため、ジャッキアップして交換し、ガソリンスタンドやディーラーのお店、カー用品専門店などで交換してもらうのがセオリーです。
最近はパンク応急キットが積んであり、傷がついた部分や空気もれをしている部分を接着剤でふさいで応急措置ができます。
もちろん応急ですから、きちんとお店で新しくしてもらい、正常な状態で走りましょう。
タイヤの修理を依頼する場合、状況にもよりますが車を買ったディーラーのお店などなら、リピーター価格で安くしてくれる可能性があります。
また、カー用品専門店でもある程度値引きをしてくれるところなら、そこそこの値段でいいものが買えます。

タイヤのパンクを修理する場合のポイント

タイヤがパンクした場合は、早急に交換することが必要です。
そのまま走り続けますと、さらにタイヤにダメージを与えます。
特に内部のコードまで傷めてしまうと、使用できなくなってしまいます。
最悪の場合は事故の原因となることもあり、安全上も大変問題です。
パンクに気づいたら安全な所で、スペアに交換することを心がけます。
さて、パンクしたタイヤを修理に出す場合は、外側だけでなく内側からも行うことがおすすめです。
外側の穴を塞ぐだけの応急処置ですと、内部の傷み具合によっては、すぐに故障してしまうことがあるからです。
そのため、まず内側からも状態を確認し、ダメージが継続使用に影響を与えるほどのものでない、ということを確かめます。
これをクリアすれば、内側からもパッチを貼って確実に穴を塞ぎ、この後、空気をしっかり充填してもらい、修理完了となります。
この方法であれば、再び故障することなく、安心して使い続けることが可能となるのです。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

最終更新日:2017/1/24


PAGE TOP

COPYRIGHT 2015 ホイールラン ALL RIGHT RESERVED